シンガポールの格安航空会社、スクート

シェア

昨年11月にシンガポール航空が設立した格安航空会社のスクート(Scoot)が今年中頃からの就航を目指しています。

チャンギ国際空港をハブとし、既にシンガポール―シドニー線とシンガポール―ゴールドコースト線のオーストラリア2路線を開設することを発表しています。

使用機材はボーイング777-200。2016年までに16機体制にまですることを計画しているようです。

料金は従来の主要航空会社に比較して40%ほど安くするということで、今後はジェットスターやエアアジアなど先発LCCとの競合が激しくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク