グランデセンターポイント・スクンビット・ターミナル21を写真で紹介・宿泊記

シェア

グランデセンターポイント・スクンビット・ターミナル21の室内の様子

先日、バンコク市内中心部にあるグランデセンターポイント・スクンビット・ターミナル21(Grande Cetre Point Sukhumvit-Terminarl 21)に泊まったので、写真を交えて紹介したいと思います。

ロケーション

2011年11月にオープンしたばかりのホテル兼サービスアパートで、ロケーションはスクンビットのアソーク交差点角。BTSアソーク駅・MRTスクンビット駅に直結という、バンコクでもトップクラスの好立地に建っていて、階下は、ターミナル21という大型ショッピングセンターになっています。

より大きな地図で グランデセンターポイント・スクンビット・ターミナル21(Grande Cetre Point Sukhumvit-Terminarl 21) を表示

タクシーで向かう場合は、スクンビット・ソイ19に入り、すぐに右折してターミナル21をぐるりと裏側まで回る感じで進むとホテルエントランスに到着できます。ショッピングセンターとは入り口が異なるので注意が必要です。

ターミナル21
手前がショッピングセンターのターミナル21。奥に見えるのが今回泊まったホテル。

客室

建物は32階建てで、11階~32階が客室フロアとなっています。総客室数は498室。客室タイプはスーペリア(32m²)、デラックス・プレミア(40m²)、グランド・デラックス(46m²)、グランド・スイート(64m²)、1ベッドルームエグゼクティブスイート(70m²)の全5カテゴリーです。

今回泊まったのは下から2番目のデラックス・プレミアで、23階の部屋をアサインされました。

それでは、さっそく部屋に入ってみましょう。

室内の様子

内装は白を基調とし、窓も大きく取られているため明るく清潔感のある雰囲気です。室内にはフリーWiFi、大型液晶テレビ(NHKプレミア視聴可能)、DVDプレーヤーなどが完備されています。インターネットの速度も十分出ていて、利用中にストレスを感じることはありませんでした。

デラックス・プレミア
ベッドのマットレスはやや硬め。

テーブルとソファー
テーブルとソファー。

電話
ベッド脇に置かれた電話。

室内の様子
テレビとサイドボード。テレビはサムスン製。

サービスアパートということで、長期滞在にも対応できるよう、洗濯乾燥機、シンク(流し台)、電気ポット、電子レンジ、大型冷蔵庫、食器、調理器具などが完備されているのが特徴です。

キッチン
キッチンスペース。

冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機
冷蔵庫は三菱電機、洗濯機はエレクトロラックス社製。

シューズボックス
シューズボックス内にはスリッパや傘、シューズクリーナーなどを完備。

クローゼット
セイフティーボックス(金庫)はクローゼットの中にあり、よくある4桁の数字を入力してロックするタイプ。

バスルーム

バスルームはバスタブとシャワー室が独立していて、どちらも水量、湯温、排水ともに全く問題ありませんでした。

バスルーム
バスルーム内はゆったりとした造り。

バスタブ
バスタブも十分な大きさ(スーペリアルームのみバスタブがなくシャワーのみ)。

バスアメニティ
バスアメニティも一通り揃う。

シャワーブース
シャワーブース。

トイレは、タイではまだ珍しいウォッシュレット機能が付いています。

トイレ

ウォシュレット機能付き
残念ながらTOTOではなく、アメリカンスタンダード社製。

部屋からの眺望

窓際のロールスクリーンカーテンは電動式で2重になっています。高層階だったため景色は良く、アソーク周辺の様子を一望することができました。

部屋からの眺め
ホテルから東方向を望む。手前の建物は、グランドミレニアムスクンビット

眼下にはソイカウボーイも見える
眼下にはソイカウボーイも見える。

朝食

朝食は5階のレストラン、ブルースパイス(Blue Spice)で提供されます。品数も多く和洋中とバラエティに富み、味も十分満足できるレベルでした。

朝食会場のブルースパイス
朝食の時間は6:00~10:30。

品数も豊富

F階には大型のプール、フィットネスなどがあり、タオルはプールの入り口で借りることができます。今回自分は利用しなかったのですが、他にも、ジャグジー、キッズルーム、サウナ、スチームサウナなどのレジャーファシリティを完備しています。

スタッフは、全体的にフレンドリーでありながらもテキパキと対応しているように感じました。部屋の要望も柔軟に対応してもらえましたし、アイロンが必要になったためレセプションに電話したところ、わずか数分で快く持ってきてくれました。

総評

総合的に見れば、やはりいいホテルだなあ、というのが今回実際に泊まってみて感じた印象です。

もちろん一番の魅力は、何と言ってもロケーションの良さということになると思います。ロビー階南側から直接ターミナル21へ入ることができますし、エレベーターで2階へ上がるとすぐそこがBTSアソーク駅の改札です。

界隈にも飲食店、マッサージ、コンビニ、土産物店などが揃っていて、立地を重視する人にとっては間違いなく満足のいくホテルだと思います。

開業以来とにかく人気が高く、それは、口コミ評価の高さからもうかがえるのではないでしょうか。

マイナス点を挙げるとすると、客室や廊下などはロビーから感じるほど高級感があるわけではなかったですね。安っぽいとまでは言いませんが、せいぜい4つ星レベルでしょうか。それと、大型ホテルにありがちですが、全体的にメンテナンスが多少おざなりになっているかな、ということも感じました。

個人的には、もう少しコンパクトなホテルのほうが好みなのですが、1泊1万円以下であれば次回も宿泊先候補のひとつに入れたいと思います。

料金・空室検索: グランデセンターポイント・スクンビット・ターミナル21

住所: 2/88 Sukhumvit Soi 19 (Wattana), Sukhumvit Rd., North Khlong Toei, Wattana, Bangkok 10110 Thailand
電話: +66 2 681 9000

ターミナル21の様子

ついでに、ターミナル21で撮った写真も幾つか載せておきます。

ショッピングセンター全体のコンセプトが「空港ターミナル」だけあって、そこかしこに空港をモチーフにした意匠を見ることができます。

キャビンアテンダント風の衣装
インフォメーションカウンターの女性の衣装がキャビンアテンダント風でかわいかった。

ターミナル21
案内板も空港ターミナル風。

ターミナル21
「東京」をテーマにしたフロア。大きな招き猫の像は格好の撮影ポイントに。

館内には、スターバックスやケンタッキーフライドチキン、ミスタードーナッツ、サブウェイなどに加え、CoCo壱番屋、8番ラーメン、大戸屋、モスバーガー、吉野家などの日系チェーンも数多く入居しています。ファッション関連のショップ、シネコン、スーパーもありますし、ここだけでたいていの用事は済ますことができますよ。

スポンサーリンク