クアラルンプール市内と郊外とを結ぶKTMコミューター

シェア

KLセントラル駅内KTMコミューターの改札
KTMコミューターの改札。

先日、クアラルンプールの公共交通機関のひとつ、KTMコミューター(KTM Komuter)に乗る機会がありました。

これはマレーシア鉄道公社(KTM)が運営する近郊電車で、現在、バトゥケーブス~ポートクラン線、ラワン~スレンバン線、ラワン~タンジュンマリム線の3路線が運行されています。

今回はバトゥ洞窟(Batu Caves)に行くために、KLセントラル駅からバトゥケーブス~ポートクラン線を利用しました。

KLセントラル駅
クアラルンプールの交通の要所、KLセントラル駅。非常に広く、空港のような雰囲気。

構内は5つのレベルで構成されていて、KTMコミューターのチケットカウンターや改札などはレベル1にあります。設計は日本人建築家の故・黒川紀章の手によるもので、それもあってか、案内表示には日本語表記が多く見受けられます。

KLセントラル駅
構内レベル1の様子。

チケットはチケットカウンター(窓口)で買い、運賃は2リンギット(2012年12月現在)でした。

チケットカウンター
チケットカウンター。

チケット
紙製の磁気チケット。

券売機
券売機でも購入可能。

改札を抜け、下りエレベーターに乗ると、そこがプラットホームのあるグラウンドレベルになります。

プラットホーム
プラットホームはかなり暗い。

電車到着まで10分ほど待ち、車内に乗り込みます。時刻表を見ると、バトゥ洞窟行きは日中15~20分間隔で運行されていました。

車内の様子
清潔な車内。

車内モニター
車内モニターではなつかしの「トムとジェリー」を放映中。

クアラルンプール鉄道駅
途中、クアラルンプール鉄道駅にも停車。駅舎はA.B.ハボックの設計により1910年に建築。

車内の監視カメラ
各車両には監視カメラも設置されている。

タイやシンガポールなど周辺国の地下鉄と同様に、車内での飲食は禁止されているので要注意です。あと、イチャイチャするのも禁止されていますよ(笑)。

車内での禁止事項
車内での禁止事項を示すピクトグラム。

路線図
路線図。

バトゥ洞窟のある、終点のバトゥケーブス駅までは所要30分ほど。降りてから気付いたのですが、この電車には女性専用車両も連結されていました。

女性専用車両
女性専用車両。

KTMコミューターの時刻表や路線図など詳細は下記公式サイトを参照して下さい。

スポンサーリンク