カンボジア・プノンペンのビラボンホテル宿泊記

シェア

カンボジアのプノンペン中心部にあるスタンダードホテル、ビラボンホテル(The Billabong Hotel)に泊まったので紹介します。

ビラボンホテル

ロケーション

ロケーションは、セントラルマーケットやソリアショッピングセンターからも歩いてすぐの158ストリート沿いです。

より大きな地図で ビラボンホテル (The Billabong Hotel) を表示

この通りは、モニボン通りと63ストリートとの間に位置していて、交通量も少なく路地のような雰囲気。ホテル前にはトゥクトゥクとバイクタクシーが常時待機していて市内を移動する場合にも便利です。

ソリアショッピングセンターとセントラルマーケット
ソリアショッピングセンターとセントラルマーケット。ホテルからここまでは歩いて3~4分。

予約

客室タイプはスタンダード、スーペリア、デラックス、デラックスファミリーなどに分かれていますが、今回はバルコニー付きのデラックスダブルを予約してみました。

Agodaで予約し、料金は朝食込み1泊4,755円(税・サ込み)也。

ビラボンホテルをAgodaで予約

ホテル外観

プノンペンでは現在、西欧人オーナーによるプチリゾートホテルが大流行していますが、ここはその嚆矢のひとつと言ってもいいかもしれません。

総客室数20室の小さなホテルながら、敷地内には比較的大き目のプールがあって緑にも溢れ、リゾート地のような雰囲気を醸し出しています。

ビラボンホテル
レストランスペースも南国リゾートのような造り。

客室

デラックスルームは36m²あるということで十分な大きさです。最近リノベーションされたばかりのようで、フローリングの床をはじめ全体にかなり清潔で新しい感じがしました。

ビラボンホテル室内の様子
窓も大きくとられ明るい客室内。

バルコニーからの眺め
バルコニーからはプールが見渡せる。

ビラボンホテル室内の様子
シンプルながらも好感の持てるインテリア。

バスアメニティはシャンプー、ボディソープなど最小限のものしかないので、事前に用意が必要でしょう。

ビラボンホテルのバスルーム
バスルーム。

シャワースペース
バスタブはなく固定シャワーのみ。

WiFi(無料)、大型液晶テレビ(ソニーのブラビア)、セイフティーボックス、無料の水2本、ワークデスク、ドライヤーなど設備も必要なものは揃っています。

インターネットの通信速度は十分だったのですが、部屋の位置の関係か、接続が時々切れてしまうのが唯一ストレスでしたね。

インターネットの接続速度チェック
下り2.88Mbps、上り2.76Mbpsと速度は十分。

朝食

朝食はプールサイドのオープンエアーレストランで。ブッフェではなくメイン料理を5~6種類から選択するタイプです。

ビラボンホテルの朝食
アメリカンブレックファストをチョイス。

パンは3種類、飲み物はコーヒー、紅茶、ミルク、オレンジジュースなどが用意されていて、これらは自由に取ることが可能。

総評

スタッフは皆そこそこ英語をしゃべれますし、口コミでも高評価を得ているように、常に笑顔でフレンドリーだったのが印象的です。また、宿泊者以外はホテルに入ることができないのでセキュリティーの面でもしっかりしています。

ビラボンホテル The Billabong Hotel

一点、スタンダードルームは3千円台から宿泊可能なようですが、部屋がかなり狭いので、できれば雰囲気の良いスーペリア以上を選択したほうが良いと思います。

セントラルマーケット周辺ということで、プノンペン初心者でもわかりやすく、プール付きの格安ホテルを探している方にはぜひおすすめしたいホテルでした。

ホテル名ビラボンホテル(The Billabong Hotel)
住所: # 5, Street 158, Phnom Penh, Kingdom Of Cambodia
電話: +855 23 223 703

フランジパニ(プルメリア)
敷地内には、カンボジアを代表する花、フランジパニ(プルメリア)が咲いていました。

スポンサーリンク