台北駅からも近い格安ホテル「華華大飯店」宿泊記

シェア

台湾・台北で華華大飯店(ホテルフラワー台北)に泊まったので紹介します。

華華大飯店アネックスの外観

ホテル料金の高い台北にあって、立地が良い上に比較的リーズナブルで泊まれることから特に日本人旅行者の間では人気の高い宿ですね。

ロケーション

立地は台北駅南側の漢口街一段沿いで、駅までは徒歩6~7分、駅地下街までだったらわずか2~3分。周囲にはファストフード店、コンビニ、カフェ、レストランなどが点在し、新光三越までも歩いてすぐと、とにかく便利な場所にあります。


より大きな地図で 華華大飯店(ホテルフラワー台北) を表示

ホテルは漢口街一段を挟んで本館と別館の2棟にわかれていますが、今回宿泊したのは南側の別館にあるダブルルーム。朝食無しプランが1泊約7,000円で予約できました。

別館は8階建てで全56部屋とそれほど大きな建物ではありません。1階には以前ドトールコーヒーが入っていたのですが、今は地元資本のダンテコーヒー(Dante Coffee)に変わっています。地下にはThe Baseという飲食店もありました。

ホテル名華華大飯店 (Hotel Flowers Taipei)
住所: 台北市漢口街一段19号
電話: +886 2 2312 3811

室内の様子

室内の様子

室内は約30平米あるということで十分な大きさ。内装は全体に多少経年劣化が見られますが、綺麗に掃除されています。

室内の様子
液晶テレビ、冷蔵庫、机、電気ケトルなど。

部屋からの眺め
部屋からの眺め。向かいの本館にはココイチとセブンイレブンが併設されているのも便利。

テーブルと椅子
椅子とテーブル。

コントロールパネル
ライト、エアコンなどはこのコントロールパネルで操作可能。

インターネット接続速度

インターネット接続環境も良く、スピードを計ってみたところ下り24.45Mbpsと快適な速度がでていました。

バスルーム

バスルームは若干カビ臭かったのが気になりました。バスアメニティ類は一通りのものが揃っていて、湯量、湯温、排水なども全く問題ありませんでした。

館内の様子

朝食無しのプランだったためホテルでは食べていないのですが、上述のダンテコーヒー、ザ・ベース、セブンイレブンのセットメニューの中から好きなものを選べるようになっているとのこと。

朝食メニュー
朝食メニュー。

廊下
廊下。

ホテルフロントでは両替も可能です。当然一般の両替所に比べるとレートは良くないのですが、空港の両替所で1万円が2,820元の時、ホテルでは2,720元と少額であれば大差ない範囲でした。

総評

日本からの格安ツアーでの指定ホテルにもなっているようで、滞在中もツアー客の姿を何人も見かけました。

そのせいもあってか、ほとんどのスタッフは簡単な日本語を話すことができるので言葉の面でも安心です。

防音がイマイチ、内装がやや古びているなどのマイナス点はあったものの、台北駅前でこの値段で泊まれることを思えば特に大きな問題ではない気がします。

台北駅周辺でホテルを探している場合、もう少し予算に余裕があれば、天成大飯店(コスモスホテル)が評価が高いです。逆に、華華大飯店より安いところだと、城美大飯店あたりが人気があるようですね。

スポンサーリンク