マレーシアのLCCマリンドエア、4月よりクアラルンプール―バンコク線に就航

シェア

マレーシアの格安航空会社、マリンドエア(Malindo Air)は、2014年4月24日よりクアラルンプールとバンコク・ドンムアンとを結ぶ路線に新規就航することを明らかにしています。

1日1便のデイリー運航で、使用機材はボーイング737-900ER(ビジネス12席、エコノミー168席)。現在発表されているフライトスケジュールは下記のようになっています。

OD522 クアラルンプール発12:40 バンコク着13:50
OD523 バンコク発14:30 クアラルンプール着17:40

既に系列のタイ・ライオンエア(Thai Lion Air)が同路線に就航しているので、グループ全体では1日2便体制ということになりますね。

ちなみに、タイ・ライオンエアのほうの時刻表は以下の通りです。

SL8201 クアラルンプール発07:55 バンコク着09:05
SL8200 バンコク発19:50 クアラルンプール着23:00

CAPAのデータによると、バンコク(スワンナプームとドンムアン)~クアラルンプール間は、国際線としては世界でもトップ3に入る提供座席数の多い路線(2013年3月時点)とのこと。

現在、タイ国際航空、バンコクエアウェイズ、マレーシア航空、エアアジア、タイ・エアアジア、タイ・ライオンエア、エジプト航空、エチオピア航空、ロイヤルヨルダン航空、ルフトハンザドイツ航空(3月29日まで)と、何と10社もが路線を開設している超激戦区です。

スポンサーリンク