バンコクの日系ホテル、ロハススイートスクンビット宿泊記

シェア

バンコク・スクンビット地区にある日系ホテル、ロハススイートスクンビット(Lohas Suites Sukhumvit)に泊まったので紹介したいと思います。

ホテル外観

正式名称は、ロハス スイート スクンビット バイ スーパーホテル (Lohas Suites Sukhumvit by SUPERHOTEL)

名前からもわかるように日本でおなじみのビジネスホテルチェーン、スーパーホテルが運営するホテルで、同社にとってここが海外1号店になります(2号店はベトナム・ハノイ)。

スーパーホテル

予約

時期的にオフシーズンだったことに加え、タイで政変があった直後ということもあって、1泊6,322円(朝食付き、税・サ込み)という格安料金で予約することができました。

ロケーション

立地はスクンビット・ソイ2の奥になります。スクンビット通りからだと徒歩7、8分程度。


より大きな地図で ロハス スイート スクンビット バイ スーパーホテル (Lohas Suites Sukhumvit by SUPERHOTEL) を表示

暑い時期に歩くのは少し億劫な距離ですが、ホテル~スクンビット通り間はカートによる送迎サービスが24時間受けられます。

以前はアマリレジデンスという地場系大手のサービスアパートだったところで、昨年スーパーホテル系列になったばかりです。そのせいもあってか、新しいホテル名はまだタクシーにはそれほど知られていないようでした。

送迎用のカート
送迎用のホテル専用カート。

スクンビット通り側の乗降場所はプルンチットセンター前。中にはスターバックスやマクドナルドをはじめ、フードコート、マッサージ・スパなどが入っています。

日本語による案内表示
日本語による案内表示。

室内

今回宿泊したのはエグゼクティブスイートという一番安い部屋タイプで広さは約42平米。

部屋に入ると、まずは広々としたキッチン・ダイニングスペースとなっています。

キッチン・ダイニングスペース

大型冷蔵庫、ドラム式洗濯乾燥機、電子レンジ、カトラリー類、調理器具、電熱調理台、トースター、電気ケトルなどを完備。すぐにそのまま長期滞在しても全く不自由がないほど充実しています。

トースター、電気ケトル、コーヒー・紅茶
トースター、電気ケトル、コーヒー・紅茶。

寝室では大きなキングサイズベッドが目に付きます。

室内の様子

マットレスの硬さもちょうどよく、快適な睡眠をとることができました。

テレビは日本のNKHや民法放送がほぼリアルタイムで視聴可能。インターネット回線を使っているようで、時々映像がはっきりしないときもありましたが特に問題のないレベルです。

テレビのチャンネル案内
テレビのチャンネル案内。右下に日本のチャンネルが表示されている。

液晶テレビとDVDプレーヤー
液晶テレビとDVDプレーヤー。

ワーキングデスク
使いやすいサイズのワーキングデスク。

電源タップ
電源タップが用意されているのもうれしい配慮。

クローゼット内にはセーフティーボックス、アイロン、アイロン台、バスローブなどが備えられています。

クローゼット、アイロン
クローゼット。

バスローブ、セーフティーボックス
バスローブ、セーフティーボックス。

室内の様子
窓も大きくとられ、室内は明るく清潔感がある。

ルームサービスのメニューにタイ料理や和食だけでなく、珍しくレバノン料理がありました。スタッフに聞いたところ、このホテルの共同経営者がレバノン人というのがその理由のようです。

ルームサービスメニュー
和食メニュー。

レバノン料理のメニュー
こちらはレバノン料理のメニュー。

宿泊者が少ないということもあるのでしょうが、Wi-Fiの接続環境は良好で、滞在中はストレス無く使用できました。

8階の部屋からの眺望
今回泊まった8階の部屋からの眺望。

バスルーム

バスルームの様子

バスルームはバスタブ付きでシャワーと一体型のタイプ。湯温・湯量・排水などは全く問題ありません。トイレはTOTOのウォシュレットではないものの、洗浄機能付きでした。

バスアメニティ

バスアメニティは歯ブラシ・歯磨き粉、ハンドウォッシュ、シャンプー&コンディショナー、ボディソープ、シャワーキャップ、綿棒、髭剃り、サニタリーバッグと一通り揃っています。

シャンプーとボディーソープ
シャンプーやシャワージェル(ボディソープ)などはオリジナルのものを使用。

朝食

朝食はビュッフェスタイルです。会場はタワー3(ソイ4側)の1階にあるレストラン。

レストラン

ここは本来はレバノン料理レストランです。そのため、ルームサービスと同様に一般的なメニューに加え、レバノン・中東の料理も置かれているのが特徴。和食は味噌汁など数点と少なめでした。

朝食の様子
味や種類は及第点。

エッグステーション
エッグステーション。

館内

ロビー周辺や廊下にはアロマランプが置かれ、レモングラスの良い香りが漂っていたのが印象的。

ロビー
ロビー。

フロント
フロント。

レジャー施設としては屋外プール、フィットネス、サウナ、ジャグジーがあって、全て最上階に設置されています。

プール
プールは大きくないものの、日当たり・雰囲気は良し。

フィットネス
フィットネスルーム。マシンは全体に新しめ。

写真に写っているもののほか、トレッドミル2台にベンチプレスも完備。タオル、飲料水も用意されています。

サウナ
サウナ。

ジャグジー
ジャグジー。

総評

10階建て全144室という中規模のホテルで、個人的にあまり大型のホテルは好きではないので、ちょうど良い大きさでした。

館内施設も必要十分なものが揃っていますし、洗濯機にはちゃんと洗剤が用意されていたり、「LOHAS ECOカゴ」なるサービスが用意されていたりと、日系ホテルらしく細かな点にまで配慮が行き届いているのも感じました。

バスケット

部屋でゆっくり寝ていたい時など掃除が不要な場合は、このバスケットにタオルと空の飲料水のボトルを入れて扉の外に置いておけば新しいものに交換しておいてくれるとのこと。

スクンビット通りまで多少距離があるのはマイナス点ですが、上述のように無料送迎サービスが受けられますし、ソイ4側に出ればタクシーは簡単に捕まえられるのでほとんど不便は感じませんでしたね。

スクンビット・ソイ4への通路
スクンビット・ソイ4への通路。

最寄りのコンビニ(セブンイレブン)はソイ4側にあって徒歩3、4分。その他、周囲にはレストラン、カフェ、バー、ナナプラザなどもあって夜まで賑やかな雰囲気です。

スクンビット・ソイ4の昼間の様子
スクンビット・ソイ4の昼間の様子。

総合的に見てコストパフォーマンスはかなり高く、またぜひ泊まりたいと思えるホテルでした。特に室内設備が充実しているので、長期での宿泊を考えている方にはおすすめしたいですね。

予約・料金検索ロハス スイート スクンビット バイ スーパーホテル
住所: 75, Sukhumvit Soi 2, Klongtoey, Bangkok 10110 Thailand
電話: +66 2 120 8188

スポンサーリンク