シンガポールのシルクエア、10月末よりビエンチャンとルアンパバーンへの周遊ルートを開設

シェア

シンガポール航空子会社のシルクエア(Silk Air)は、2016年10月31日よりシンガポール~ビエンチャン~ルアンパバーン~シンガポールという周遊ルートを開設すると明らかにしています。

(Photo by Simon_sees)

運航は月・木・土の週3便で使用機材はエアバスA320(ビジネス12席、エコノミー138席)。予定されているフライトスケジュールは以下の通りです。

MI788便 (2016年10月31日~)
シンガポール発14:20 ビエンチャン着16:15 月・木・土
ビエンチャン発17:05 ルアンパバーン着18:00 月・木・土
ルアンパバーン発18:50 シンガポール着23:05 月・木・土

※4月27日時点では予約不可。

ビエンチャン~ルアンパバーン間の国内線区間も運航できるのは大きいですね。このルートは現在ラオス国営航空(Lao Airlines)とラオ・スカイウェイ(Lao Skyway)の2社のみが就航。

関連記事: ラオス国営航空 ビエンチャン―ルアンパバーン QV111便 搭乗記
関連記事: ラオ・スカイウェイ ルアンパバーン―ビエンチャン LLL265便 搭乗記

AEC(アセアン経済共同体)発足によってASEAN域内の航空分野の規制が緩和され、このところ外国籍の航空会社によるラオスへの新規路線開設が続いていますね。
 
シルクエアによるラオス線開設の公式アナウンスは下記よりどうぞ。

スポンサーリンク