マリンドエア、クアラルンプール―ホーチミン線を1日2便に増便

シェア

マレーシアのマリンドエア(Malindo Air)は、クアラルンプールとベトナムのホーチミンを結ぶ路線をこれまでのデイリー運航から1日2便体制へと増便しています。

使用機材はボーイング737-800または900ER。フライトスケジュールは以下の通りです。

クアラルンプール→ホーチミン
OD563 KUL08:15 SGN09:25 毎日
OD561 KUL14:25 SGN15:25 毎日

ホーチミン→クアラルンプール
OD564 SGN10:20 KUL13:25 毎日
OD562 SGN16:20 KUL19:25 毎日

既存の午前便に加え、今回新たに午後から夕方にかけての便が加わったことで往復でもだいぶ使いやすくなりましたね。

マリンドエアは路線により受託手荷物許容量が異なりますがKL~ホーチミン間ではエコノミークラスで30kg、ビジネスで40kgまで無料。また、機内では軽食も提供されます。

同区間はこれまでベトナム航空、マレーシア航空、エアアジア、マリンドエアの4社が就航していましたが、先月よりベトジェットエアも加わっていて、現在は計5社が競合する激戦区となっています。

スポンサーリンク