プーケット国際空港 新しい国際線ターミナルの様子

シェア

タイ南部のプーケット空港に新たに国際線ターミナルがオープンしたことは以前お伝えしましたが(関連記事)、今回利用する機会があったので出発エリアを中心に紹介したいと思います。

プーケット空港国際線ターミナル 出発フロアエントランス
出発フロア(3階)のエントランス

国際線ターミナルと国内線ターミナルは距離的には近いものの、現時点では両ターミナルを結ぶ連絡通路はまだ未開通でした。そのため、タクシーなどで空港にアクセスする場合はドライバーに自分がどちらのターミナルを利用するのか伝えることをお忘れなく。

国内線ターミナル
国際線ターミナルから見た国内線ターミナル。画面左側が連絡通路。

ランドサイド

ますはランドサイド(パブリックエリア)の様子から。

国際線ターミナルは1階がタクシーやバスの乗り場、2階が到着フロア、3階が出発フロア、4階が飲食店・ショップ及び航空会社ラウンジというフロア構成。

フロア案内
フロア案内

両替所・ATMは1~3階の各フロアにありますが、両替所のレートはかなり悪かったためここでの両替は最小限にとどめておきたいところです。

出発フロアの様子
出発フロアの様子

出発フロアにはA~Hまでのチェックインカウンターが設けられています。エントランス側の全面ガラス張り構造を含め、雰囲気的にはバンコクのスワンナプーム空港をコンパクトにしたような感じ。

出発フロアの様子
4階から見た出発フロアの様子

4階の飲食店・ショップフロアはスペース的にはそれほど広くなく、ランドサイドに出店している店舗は味千ラーメン、バーガーキング(BURGER KING)、タイ・エクスプレス(ThaiExpress)、エアポート・コピティアム(Airport Kopi Tiam)、デイリー・クイーン(Dairy Queen)、ビル・ベントレー・パブ(Bill Bentley Pub)、コーヒー・クラブ(The Coffee Club)など。

飲食店フロア

唯一タイ料理をメインにしているタイ・エクスプレスもシンガポールからの逆輸入レストランですし、本当の意味でのタイ料理店がないのは残念なところ。

タイ・エクスプレス
タイ・エクスプレス

ただ、幾つか空いているスペースがあったため、今後多少は店舗が増えるのではないかと思います。

バーガーキング
バーガーキング

このフロアにはコンビニ(セブンイレブン)も。商品の値段を見たところ、市中に比べ2~3割増しという品がほとんどでした。

セブンイレブン
セブンイレブン

なお、出発フロアである3階にもコーヒーショップや土産物店があります。

スターバックスとコーヒーワールド
スターバックスとコーヒーワールド
レスター・シティのクラブショップ
タイの企業がオーナーを務めるレスター・シティのクラブショップ
死去したプーミポン国王に弔意を表す表示も
10月13日に死去したプミポン国王に弔意を表す表示も

エアサイド

ここからはエアサイド(制限エリア)内の様子です。

出発案内表示
出発案内表示

出国審査を抜けると、免税店が並び、その先が搭乗ゲート。

搭乗ゲート付近の様子
搭乗ゲート付近の様子

国際線の搭乗ゲートは9~12、14、15、81、82の全部で8か所。

エアサイドの様子

ランドサイドと同様に、4階が飲食店・ショップフロアになっています。

エアサイド4階の様子
レストランや本屋などが点在

出店している店舗自体もランドサイドと似たり寄ったりで、やや魅力に乏しいかなというのが正直な感想。

エアサイドの4階から

なお、今回自分は利用しませんでしたが、プライオリティパスが使えるコーラルラウンジ(The Coral Executive Lounge)もこの階にあって、時間が余っているときには重宝しそうです。

搭乗口付近

スポンサーリンク