スワンナプーム空港内の簡易ホテル、ボクステルを利用してみました

Pocket

先日、バンコクのスワンナプーム国際空港内にあるボクステル(Boxtel)という簡易ホテルを利用してみました。

ボクステル(Boxtel)

今年4月にオープンしたばかりの施設で、場所は空港地下のエアポートレールリンク駅構内。空港に直結しているノボテルへ向かう途中にあります。

スワンナプーム空港地下には両替所が並ぶ

ノボテルのサインを目印に

ターミナルを地下まで降り、スーパーリッチなどレートの良い両替所が並ぶエリアを奥に進むと左手に看板が見えて来ます。パブリックエリアなので誰でも利用可能。

ボクステル(Boxtel)

名称通り、ボックスタイプの小部屋が並んでいる

到着したら、まずは受付でチェックインを。

受付

受付

オンラインで予約する場合は4時間単位となっていますが、ウォークイン(飛び込み)だと、2時間以上1時間単位で時間が指定ができます(空室がある場合)。

料金体系

料金体系

現在の料金は2時間までが650バーツ。以降1時間ごとにプラス300バーツ。日本円に換算すると1時間当たり1,000円弱というところで、決して安くはありません。宿泊というよりは、乗り継ぎなどの際に休憩や仮眠を取ることがメインの施設でしょうね。

周囲の様子

11月からボックスの数が増えたそうですが、それでも全部で20室程度と少ないため、年末・年始などの繁忙期での利用を考えている方は事前に予約しておくと安心だと思います。

予約・空室検索ボクステル (BOXTEL)

5~6時間以上時間が余っているのであれば、空港周辺のもっと安いホテルに泊まるのもおすすめです。

スワンナプーム空港周辺のホテルリスト

受付で部屋のカードキーと無料の水のペットボトル1本を受け取ります。エリア内ではフリーWi-Fiが提供されていて、パスワードの書かれた紙もこの時に貰えます。

室内の様子

室内の様子

室内は非常に狭く、幅はシングルベッドでほぼ一杯という感じ。ただ、足元にはスーツケースなどを置けるスペースも。

簡易テーブル

エアコン完備ですが冷蔵庫やテレビなどは無し。その他には折り畳み式の簡易テーブル、読書灯、鏡がある程度。

室内の様子

トイレは50メートルほど離れた場所の公共トイレを使用。シャワーはありません。

それでも日本の一般的なカプセルホテルよりは広く、またベッドの造りもしっかりとしていて寝やすく快適。個室できちんと鍵を掛けられるため安心感もあります。

公共スペース

受付の横には雰囲気の良い共有スペースが設けられていて、ここでのんびりするのもOK。パソコンで仕事をしている人も見かけました。

お菓子類

お菓子が置いてあり、自由に食べることが可能。

今回実際に使ってみて、料金は割高なものの空港駅構内なのでとにかく便利でしたね。ターミナルからはエアポートホテルのノボテルよりも近く、旅の移動で疲れていてすぐにでも休みたいという方にはもってこいの施設だと思います。

アクセス方法などを含め、下記の動画が非常にわかりやすかったのでこちらも参考にぜひどうぞ。

ボクステル (BOXTEL)

Pocket

ボクステル(Boxtel)