2016年のスワンナプーム空港の利用者は5,500万人を超え過去最高を記録 ドンムアン空港は約3,500万人

シェア

タイ空港公社(Airport of Thailand)が各空港における2016年の旅客数統計を公表しています。

スワンナプーム国際空港
スワンナプーム国際空港

現在同公社が管理している空港はスワンナプーム、ドンムアン、チェンマイ、プーケット、ハジャイ、チェンラーイ(メーファールアン)の計6か所。

昨年は、タイを訪れた外国人旅行者が過去最多だったことに加え、国内線の路線数・便数などが拡大したこともあり、これら全ての空港において旅客数が2015年よりも増加。

スワンナプーム空港の年間利用者数は55,892,428人で、2006年の開業以来最多となりました。バンコクのもう一つの空港ドンムアン空港は35,203,757人で、こちらも再開港後の数字としては過去最高を記録。ただ、ドンムアン空港の場合はスワンナプーム開港前の2005年に3,900万人近い利用者があったため、これにはまだ及びません。

両空港の数字を合わせると既に9,100万人をオーバーしているわけで、1億人を突破するのも時間の問題という感じになってきましたね。

2016年のタイ主要6空港の旅客数

空港 総旅客数 2015年比
BKK 55,892,428 +5.7%
DMK 35,203,757 +16.5%
HKT 15,107,185 +17.5%
CNX 9,446,320 +12.9%
HDY 4,004,665 +10.0%
CEI 2,038,389 +16.8%

注)BKKスワンナプーム、DMKドンムアン、HKTプーケット、CNXチェンマイ、HDYハジャイ、CEIチェンラーイ

また、格安航空会社を利用する旅行者の割合も依然増加していて、国際線では約28%、国内線では約67%がLCCの乗客という結果に。以下の表からもわかるように、どちらも全旅客に対するシェアは過去最高です。

6空港における国際線旅客数とLCCシェアの推移

総旅客数 LCC旅客数 LCCシェア
2010年 35,604,815 4,881,929 13.7%
2011年 37,966,321 5,964,529 15.7%
2012年 47,694,714 7,538,462 15.8%
2013年 55,227,292 10,271,517 18.6%
2014年 52,130,809 11,256,638 21.6%
2015年 62,513,332 14,836,139 23.7%
2016年 68,416,913 19,212,882 28.1%

6空港における国内線旅客数とLCCシェアの推移

総旅客数 LCC旅客数 LCCシェア
2010年 21,549,308 9,792,165 45.4%
2011年 24,765,695 12,142,563 49.0%
2012年 28,437,557 14,350,912 50.5%
2013年 33,063,538 17,980,725 54.4%
2014年 38,397,519 24,119,282 62.8%
2015年 47,303,672 31,287,500 66.1%
2016年 53,275,831 35,467,617 66.6%

出典Airports of Thailand

旅客数が急増していることで、各空港共に混雑緩和が今後の大きな課題でしょうね。

ドンムアン空港は2015年末にターミナル2が再オープンしたことで多少状況は改善しているものの、これからも同様に増加していくとすると、さらにターミナルの拡張などが必要になってくるのではないでしょうか。

スワンナプーム空港では既存ターミナルの拡張工事が始まったほか、今年中にサテライトターミナルの建設がスタートする予定となっています。

関連記事バンコク・スワンナプーム国際空港の拡張工事が来月スタート

バンコクの両空港に次いで利用者の多いプーケット空港では、昨年9月に新しく国際線ターミナルがオープン。ただ、代わりに現在は国内線ターミナル1が改修工事のため閉鎖となっていて、混雑が深刻化しています。

スポンサーリンク