ノックエア、プロモーション運賃で予約した場合の受託手荷物は有料に

シェア

タイの格安航空会社のノックエア(Nok Air)は、2017年2月20日より預け入れ手荷物に関する規定を変更することを明らかにしています。

ノックエアのボーイング737-800型機

同社の航空券の予約クラスにはプロモーション(Promotion)、ノック・エコ(Nok Eco)、ノック・フレクシー(Nok Flexi)の3タイプがあり、これまではどのクラスで予約した場合でも受託手荷物は15~20kg(国内線の場合)まで無料となっていました。

2月20日以降、無料の受託手荷物許容量がそれぞれ以下の通りに改定されます。

プロモーション: 0kg
ノック・エコ: 15kg
ノック・フレクシー: 20kg

ノックエアの予約画面
ノックエアの予約画面

プロモーションで予約し、手荷物を預ける場合の追加料金は以下の通り。

15kgまで: 350バーツ
20kgまで: 650バーツ
25kgまで: 700バーツ
30kgまで: 950バーツ
35kgまで: 1,200バーツ
40kgまで: 1,400バーツ

※上記の料金はプロモーションで予約した場合の受託手荷物料金で、ノック・エコやノック・フレクシーで予約した際の超過受託手荷物料金とは異なります。

同社が運航する国際線(ハノイ、ホーチミン、ヤンゴン)については、特例措置として10月28日まで最大20kgまでは無料で預けることができるとのこと。

なお、ノックエアの機内持ち込み手荷物は7kg以下、大きさは56cm×36cm×23cmまでとなっています。荷物に関する新たな規定は下記で詳しく説明されていますので参照して下さい。

Baggage Information – Nok Air

スポンサーリンク