ライオンエア、クアラルンプール発着でスラバヤとソロへの路線を開設

シェア

インドネシアの格安航空会社ライオンエア(Lion Air)は、今月より国際線ネットワークを拡大し、スラバヤ~クアラルンプール及びソロ(スラカルタ)~クアラルンプールの2路線を新たに開設すると明らかにしています。

ライオンエア KL~スラバヤ線及びKL~ソロ線を新規開設
ライオンエア公式サイトより

使用機材はエアバスA320。現時点で予定されているフライトスケジュールは以下の通りです。

スラバヤ⇔クアラルンプール (2017年2月24日~)
JT169 SUB10:00 KUL13:45 毎日
JT168 KUL07:30 SUB09:15 毎日

ソロ⇔クアラルンプール (2017年2月22日~)
JT170 SOC10:40 KUL13:50 毎日
JT171 KUL14:50 SOC16:10 毎日

同社によるクアラルンプールを発着する便はジャカルタ~クアラルンプールと合わせ計3路線になります。

スラバヤ~KL線はエアアジア(AK)、インドネシア・エアアジア(QZ)、インドネシア・エアアジアX(XT)というエアアジアグループの3社が就航中。一方、ソロ~KL線もエアアジア(AK)が既に運航中の路線です。但し、エアアジアのソロ~KL線は週3便のみの運航ですので、ライオンエアがデイリー運航で参入することで利便性は大きく向上しますね。

なお、エアアジアグループはソロからもほど近いジョグジャカルタのアジスチプト国際空港からもクアラルンプールへの路線を運航しています。

スポンサーリンク