シンガポールのMRT東西線が延伸 6月18日に新たに4駅が開業

シェア

シンガポールのMRT東西線が6月18日より延伸され、新たに4駅が開業します。

シンガポール MRTトゥアス・リンク駅
シンガポール陸上交通庁公式サイトより

現在の終着駅であるジュー・クーン駅から西側に約7km路線が延長。

ジュー・クーン駅 (Joo Koon, EW29) ※既存駅
↓↑
ガル・サークル駅 (Gul Circle, EW30)
↓↑
トゥアス・クレセント駅 (Tuas Crescent, EW31)
↓↑
トゥアス・ウエスト・ロード駅 (Tuas West Road, EW32)
↓↑
トゥアス・リンク駅 (Tuas Link, EW33)

全て高架駅で、トゥアス・リンク駅はマレーシア国境のトゥアス・チェックポイントからもほど近い場所に位置。今後はこの駅がシンガポール最西端の駅ということになりますね。

今回供用開始される箇所は観光エリアからはかなり離れた西側エリアということもあって、一般の外国人旅行者が利用することは少ないでしょう。ただ、MRT東西線自体は利用者の多い路線だけに終点がどこなのか覚えておいて損はないと思います。

Land Transport Authority of Singapore – TUAS WEST EXTENSION

なおシンガポールのMRTでは、今年末にダウンタウン線の延伸区間(ステージ3)の21km、16駅も開業する予定となっています。

スポンサーリンク