スワンナプーム空港にあるTrueの自動販売機でSIMカードを購入

シェア

バンコク・スワンナプーム空港の到着フロアにあるTrue(TrueMove)の自動販売機でプリペイドSIMカードを購入したので手順などを紹介します。

TrueのSIMカード販売カウンター
TrueのSIMカード販売カウンター

自動販売機はTrueのカウンターの向かって右端に設置。

SIMカードの自動販売機
SIMカードの自動販売機

SIM CARD FAST LANE HERE!と表示されていましたが、混んでいるときは確かに機械を使った方が早いでしょうね。

初期画面ではタイ語表示になっているため、まずは日本語に変更。

初期画面
初期画面

SIMカードを選ぶ画面に変わります。この時選択できたのは旅行者に一番人気のあるデータ容量4GB・299バーツ(約1,000円)の4G対応ツーリストSIMのみ。これには通話・テキストメッセージ100バーツ分も含まれています。

SIMカード選択画面
SIMカード選択画面

以前は有効期間が7日間だったと思うのですが、8日間になっていました。

「確定」を押し、次はパスポートのスキャンと顔写真の撮影。タイではSIM購入時は身分証の登録・本人確認が義務付けられているための措置です。

申し込み画面
申し込み画面

画面の下にスキャナーがあるので、パスポートを開き、名前や生年月日なども書いてある顔写真ページを読み取らせます。

パスポートやクレジットカードを読み取る部分
パスポートをスキャン

続いて顔写真の撮影。

顔写真を撮影

画面の枠内に顔を合わせ、ボタンが赤く光ったらカメラマークを押し、画像が問題なければ「確定」ボタンを押します。

これで申し込みは完了。支払い画面に変わります。支払い方法はクレジットカードのみでVISA、Mastercard、JCBが使用可能。

クレジットカードで支払い
支払い画面

上の画像でも示されているように、クレジットカードは縦方向に挿入する必要があるので間違えないように。最後にカード裏面に印字されているCVV番号(セキュリティコード)を入力して確定を押せば手続きは終わり。

CVV番号入力画面
CVV番号入力画面
手続き完了
手続き完了

すぐに下からSIMカードが出てきます。

SIMカードが出てきた

ユーザー確認のためのひと手間は必要になるものの、これは窓口の場合でも同様。機械の説明通りに順に手続きをしていくだけなので難しい点は全くありませんでした。何といっても日本語ですしね。購入までの所要時間も数分というところ。

SIMカードをゲット

写真は加工済みですが、実際には左上のグレーの四角で囲った部分にこのSIMの電話番号が貼ってあります。内側にはAPNが自動設定されない場合の設定方法やトップアップ(チャージ)の仕方などの説明も。

なお、DTACも昨年から空港内にSIM自動販売機を設置しています。

関連記事スワンナプーム空港のプリペイドSIM自動販売機

バンコクを訪れる旅行者は年々増加していることもあり、スワンナプーム空港のSIM販売カウンターも最近はどこも混雑していることが多いです。そういったときには行列を横目に、これら自動販売機を使ってSIMカードをさくっと手に入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク