タイ・ライオンエア、バンコク―デンパサール(バリ)線に新規就航

シェア

タイの格安航空会社のタイ・ライオンエア(Thai Lion Air)が、2017年9月15日よりバンコク~バリ島間の直行便を開設すると発表しています。

タイ・ライオンエア、バンコク~バリ線
タイ・ライオンエア公式サイトより

1日1便のデイリー運航で、使用機材はボーイング737-800(エコノミー189席)。現時点で予定されているダイヤは下記のとおりです。

バンコク(ドンムアン)⇔デンパサール (2017年9月15日~)
SL258 DMK05:50 DPS11:25 毎日
SL259 DPS13:20 DMK17:15 毎日

同路線を運航するのはタイ国際航空、インドネシア・エアアジア、タイ・エアアジアに次いで4社目(バンコクではタイ国際航空のみがスワンナプーム空港を発着)。

この区間、これまでLCCとしてはエアアジアグループのみが運航していて料金的にやや割高な印象でしたが、今後タイ・ライオンエアが参入することで安くなっていくことを期待したいですね。

就航記念として現在3,155バーツ(諸費用込み)の格安航空券も発売中です。このフライトは受託手荷物が20kgまで無料ですので、スーツケースなど大きな荷物がある場合はかなりお得だと思います。

タイ・ライオンエアのボーイング737-800型機
タイ・ライオンエアのボーイング737-800型機

関連記事インドネシアの税関申告書の書き方例

スポンサーリンク