エアアジア、ペナン発着でプーケットとハノイへの直行便を開設

マレーシアの格安航空会社エアアジア(AirAsia)は、2018年7月1日よりペナン~プーケット線及びペナン~ハノイ線の2路線を新設することを明らかにしています。

エアアジア ペナン~プーケット線及びペナン~ハノイ線を開設
エアアジアfacebookページより

ペナン~プーケット線に就航するのはマレーシア航空子会社のファイアフライ(Firefly)に次いで2社目。一方でペナン~ハノイ間には現時点では直行便は無く、エアアジアによる便が唯一となります。

プーケット線は1日1便のデイリー運航、ハノイ線は週4便。使用機材は共にエアバスA320(エコノミー180席)。予定されているフライトスケジュールはそれぞれ以下の通りです。

ペナン⇔プーケット (2018年7月1日~)
AK1910 PEN20:25 HKT20:30 毎日
AK1911 HKT21:00 PEN23:05 毎日

ペナン⇔ハノイ (2018年7月1日~)
AK618 PEN06:15 HAN08:20 日・月・水・金
AK619 HAN08:50 PEN12:50 日・月・水・金

本日より就航記念セールとしてプーケット線はRM79、ハノイ線はRM99(いずれも諸費用込み)という格安航空券も発売中です。

エアアジアは既にペナン~ホーチミン線を運航していて、これでペナン発着のベトナム路線は2路線に。タイへも系列のタイ・エアアジアがペナン~バンコク線に就航しているため、グループ全体ではやはり2路線ということになります。

エアアジア