エアアジアX、KLとインド・欧州とを結ぶ4路線からの撤退を表明

シェア

マレーシアの格安航空会社エアアジアの公式プレスリリースによると、長距離路線部門のエアアジアXが現在運航しているクアラルンプールとムンバイ、ニューデリー、パリ、ロンドンの各都市とを結ぶ国際線計4路線から今年3月末までに撤退するそうです。

最終便はKL-ムンバイ路線が1月31日、KL-ニューデリー路線が3月22日、KL-パリ便が3月30日、KL-ロンドン便が3月31日となっています。

エアアジアXは現在日本国内では羽田と関空に就航しています。

AirAsia Press release

スポンサーリンク