シンガポール国際空港のバジェットターミナル、9月25日に閉鎖

シェア

(photo by fitri.agung)

シンガポール・チャンギ国際空港のバジェットターミナルが2012年9月25日をもって取り壊され、新たなターミナルとして生まれ変わることが発表されています。

「ターミナル4」となるこの施設は、来年から建設が始まり、2017年までの完成を目指しています。現在の計画では年間1,600万人の旅客に対応できるようになるようです。

昨年1年間のバジェットターミナル利用者数は約460万人で、チャンギ空港全体では約4,650万人でした。近年、その利用者数は年々増加しており、今回の新ターミナル建設も将来を見据えての対策とのことです。

現在バジェットターミナルを利用している以下の5つの格安航空会社(LCC)は、9月25日以降はターミナル2を利用することになります。

航空会社 ハブ空港
タイガーエアウェイズ
Tiger Airways
シンガポール チャンギ
セブパシフィック航空
Cebu Pacific Air
フィリピン ニノイアキノ、クラーク、セブ、ダバオ
サウスイーストアジア航空
South East Asian Airlines
フィリピン ニノイアキノ、クラーク
ファイアフライ航空
Firefly
マレーシア スバン、ペナン
ベルジャヤ航空
Berjaya Air
マレーシア スバン

以下が公式アナウンスです。

スポンサーリンク