アジア各国の超高層ビル

シェア

先週日本では東京スカイツリーがオープンし、世界で最も高い塔となりましたが、超高層ビル(skyscraper)に限ると国内では依然、1993年竣工の横浜ランドマークタワー(296メートル)が最高層ということになります。

では、アジア各国において現在最も高いビルはどのくらいなのか、気になったので調べてみました。

国・都市名 ビル名 高さ 階数 開業年
台湾 台湾
台北
台北101 509m 101 2004
中国 中国
上海
上海環球金融中心 492m 101 2008
マレーシア マレーシア
クアラルンプール
ペトロナスタワー 452m 88 1998
ベトナム ベトナム
ハノイ
カンナム・ハノイ・ランドマークタワー 336m 70 2012
北朝鮮 北朝鮮
ピョンヤン
柳京ホテル 330m 105 未完成
韓国 韓国
仁川
北東アジア貿易タワー 308m 68 2011
タイ タイ
バンコク
バイヨークタワーII 304m 89 1997
日本 日本
横浜
横浜ランドマークタワー 296m 73 1993
シンガポール シンガポール
シンガポール
リパブリック・プラザ 280m 66 1996
フィリピン フィリピン
マカティ
PBCOMタワー 259m 55 1996
インドネシア インドネシア
ジャカルタ
ウィスマ46 250m 50 1996
インド インド
ムンバイ
ジ・インペリアル 249m 60 2010

現在建設中の物件だと、中国・深圳の平安国際金融中心(660m)、韓国・ソウルのロッテワールド・プレミアムタワー(556m)、インド・ムンバイのパレ・ロワイヤル(320m)、タイ・バンコクのマハナコーン(314m)、大阪市のあべのハルカス(300m)などがあります。

スポンサーリンク