タイとラオスとを結ぶ4本目のメコン橋が12月に開通予定

シェア

メコン川を国境線としてタイとラオスとを結ぶ4本目のタイ=ラオス友好橋(Thai-Lao Friendship Bridge)が今年12月12日に開通するようです。

この橋はタイのチェンコーンとラオスのフエサイ(フアイサイ)を繋ぐもので、旅行者にとっては今までも小船に乗って国境越えをするおなじみのポイントですね。

第1メコン国際橋が完成したのは1996年のことで、その後2006年に2本目が、そして昨年には3本目が開通しています。これまでの3本は全てタイのイサーン(東北地方)とラオスとの国境橋だったので、今回初めてタイ北部とラオスとが橋で結ばれることになります。

このチェンコーン―フエサイ間は中国雲南省の昆明から続く南北回廊(南北経済回廊)の要ともなっていて、今後は中国南部、ラオス、タイ間で相互に貿易、流通、地域経済などが活発化されることが予想されます。

第1タイ=ラオス友好橋
開通日:1996年4月8日
場所:タイ・ノーンカーイ ラオス・ヴィエンチャン

第2タイ=ラオス友好橋
開通日:2006年12月20日
場所:タイ・ムクダハーン ラオス・サワンナケート

第3タイ=ラオス友好橋
開通日:2011年11月11日
場所:タイ・ナコーンパノム ラオス・タケーク

スポンサーリンク