LCCのマンダラ航空、ジャカルタ―バンコク線を新規開設

シェア

インドネシアの格安航空会社、マンダラ航空(Mandala Airlines)が今月10日よりジャカルタ―バンコク線に新規就航しています。

今年4月にLCCとして新たに生まれ変わったマンダラ航空ですが、現在実質的な運航や航空券販売はパートナーであるシンガポールのLCC、タイガーエアウェイズ(Tiger Airways)が行なっていますね。

1日1便のデイリー運航で、使用機材はエアバスA320。フライトスケジュールは下記の通りです

RI900 ジャカルタ発08:00 バンコク着11:40
RI901 バンコク発12:25 ジャカルタ着15:55

インドネシアとタイの両首都を直接結ぶこの路線は既に、ガルーダインドネシア航空、タイ国際航空、インドネシア・エアアジアが参入しているので、マンダラ航空が4社目ということになります。

また、同航空会社にとってはジャカルタ―シンガポール線、ジャカルタ―クアラルンプール線に次いでこれが3つ目の国際路線です。

スポンサーリンク