マレーシア・ペナン島ジョージタウンのストリートアート

シェア

ペナン・ジョージタウンの古い街並みを歩いていると、至るところにストリートアートが展示されているのが目に付きます。

可愛らしいもの、ノスタルジックなもの、ユニークなものなど、街歩きがさらに楽しくなるような作品が多く、見つけるたびに思わず写真を撮っていました。

今回、その中から幾つかの作品を紹介したいと思います(写真はクリックで拡大できます)。

"Little Children on a Bicycle"
アルメニアンストリート。「自転車に乗る子供たち」

"Boy on a Bike" and "Little Boy with Pet Dinosaur"
アチェストリート。左「恐竜をペットにする少年」、右「バイクに乗る少年」。

"Reaching Up"
キャノンストリート。もうちょっとで手が届きそう・・・。

上記3つは、リトアニア出身の若手アーティスト、アーネスト・ザハレヴィック(Ernest Zacharevic)の作品で、ペナン側の依頼によって昨年制作されたようです。

現在ジョージタウン市内にある彼の作品一覧は、下記で見ることができます。

次に、クアラルンプールのデザイン会社、スクラプチュア・アット・ワーク(Sculptureatwork)が作成した、鋼鉄を用いて描かれた戯画。

"Ting Ting Thong"
セック・チュアン・レーン。伝統的なショップハウスの壁面に設置されている。

"Ting Ting Thong"
拡大してみるとこんな感じで、かなり漫画チック。

penang_street_art1
トランスファー通り。

"Cheating Husband"
ラブレーン。

こちらのストリートアートには、通りの名前の由来や街並みの特徴などの解説もあって、観光客への実益も兼ねています。このプロジェクトはまだ進行中で、今後も増えていく予定とのですが、既に設置されているものの一部は下記で見ることが可能です。

最後に、ビショップ通りで見つけたストリートアート。

Drive Less, Cycle More!
車をやめて自転車に乗ろう!

スポンサーリンク