シンガポールの新しい観光名所、リバーサファリが来月開園

シェア

アジアで唯一の「川」をテーマとしたワイルドライフパーク、リバーサファリ(River Safari)が2013年4月3日、シンガポールにオープンします。

ロケーションは島内中央部のシンガポール動物園に隣接したエリアで、オーチャードやシティ地区からだとタクシーで30分程度の場所。MRT南北線のアンモキオ駅、チョアチューカン駅、ウッドランズ駅、マルシリン駅などからバスに乗り継いでいくことも可能です。

より大きな地図で リバーサファリ (River Safari) を表示

既に、昨年11月末よりカイカイ(凱凱 Kai Kai)とジアジア(嘉嘉 Jia Jia)という2頭のパンダが園内のジャイアントパンダフォレスト(Giant Panda Forest)で公開されていましたが、今回ようやくテーマパーク全域が開園することになります。但し、まだソフトオープンということで、パーク内をボートに乗って巡るボートライドの利用開始は今年末ぐらいになるようです。

園内にはアマゾン川を再現したワイルド・アマゾニアをはじめ、ナイル川、メコン川、揚子江、ガンジス川、マレー川、ミシシッピー川、コンゴ川という世界の8つの大河をモチーフにしたエリアが設けられているのが特徴で、全部で500種以上の貴重な動物や大型淡水魚などを見ることができるようになっています。

リバーサファリ園内マップ
園内マップ(PDF)

敷地内にはレストランやショッピング施設もあり、今後はシンガポールの新たな観光スポットとして家族連れを中心に人気がでるのではないでしょうか。

営業時間

9:00~18:00 (最終入場可能時間は17:00)

入園料(ソフトオープン価格)

大人: 25シンガポールドル
子供(3~12歳): 16シンガポールドル
3歳未満: 無料

上記料金はソフトオープン時のもので、ボートライドが利用可能となる今年末からは、大人35シンガポールドル、子供23シンガポールドルの通常料金になる予定。また、ナイトサファリやシンガポール動物園、ジュロンバードパークなどを組み合わせたお得なジョイントチケットも販売されることになっています。

アドレス

住所: 80 Mandai Lake Road, Singapore 729826
電話: +65 6269 3411

スポンサーリンク