ミャンマー・ヤンゴンの外資系飲食チェーン事情

シェア

ミャンマー国内には、マクドナルドやスターバックスといった欧米系の外食チェーン店はまだ進出していませんが、近隣アジアのチェーン店は既に幾つか参入しています。

先月、ヤンゴン市内に韓国系ハンバーガーチェーンのロッテリアがオープンしたというので行ってきました。

ヤンゴン・ジャンクションスクエアのロッテリア

ロケーションは大型ショッピングセンター、ジャンクションスクエア(Junction Square)の一角で、2階建て。

ヤンゴン・ジャンクションスクエアのロッテリア
店内の様子。

ヤンゴンのロッテリアのメニュー

メニューを見ると、
ハンバーガー 1,800チャット (セット3,200チャット)
チーズバーガー 2,500チャット (セット3,900チャット)
ポークリブサンド 2,500チャット (セット3,900チャット)
ダブルバーガー 3,500チャット (セット4,900チャット) 
フライドチキン 1,500チャット
コーヒー 800チャット
アイスコーヒー 1,000チャット
カフェラテ 1,200チャット
ソフトクリーム 800チャット

などという値段設定。(1チャット=約0.1円)

ヤンゴンのロッテリア2階の様子
2階は明るく、ゆったりとしたスペースがとられている。

ロッテリア以外では、タイ資本のチェーンが目に付き、和食レストランのフジ(Fuji)、コーヒー&レストランのブラックキャニオンコーヒー(Black Canyon Coffee)、軽食のCPフードサービスなどが既にヤンゴン市内に出店しています。

ヤンゴン市内のブラックキャニオンコーヒー
ヤンゴンインターナショナルホテル敷地内にあるブラックキャニオンコーヒー。

ヤンゴン市内のブラックキャニオンコーヒー
アローン通り沿いにはテラス席も用意されている。

シンガポール資本では、クリームパフ・シュークリームのチューイジュニア(Chewy Junior)がジャンクションスクエア内に出店していますが、さらに同じフロアにカヤトーストで有名な、ヤクンカヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)もオープンするようで、工事が行なわれていました。

ジャンクションスクエア内のヤクンカヤトースト
このフロアにはミャンマー料理、日本料理、タイ料理などのレストランも揃う。

ジャンクションスクエア
ダイソーも入居するジャンクションスクエア。

スポンサーリンク