ラオス国営航空、5年ぶりにヴィエンチャン―プノンペン線を再開

シェア

ラオス国営航空(Lao Airlines)は、2013年11月7日よりヴィエンチャンとカンボジアのプノンペンを結ぶ直行便を開設することを発表しています。

(photo by Maarten Visser)

同社によるカンボジア路線はシェムリアップ線についで2路線目。プノンペンポストの報道によると、ラオス国営航空は1989年~2008年まで同路線を運航していたということで、5年ぶりの再開という形になります。

運航は火・木・土の週3便。使用機材はエアバスA320-200。フライトスケジュールは下記の通りで、既に販売も開始されています。

QV533 ヴィエンチャン発09:30 プノンペン着11:00
QV534 プノンペン発14:45 ヴィエンチャン着16:10

試しに料金を調べてみると片道195ドル~(燃油サーチャージ・空港税込み)とかなり割高ですね。

同区間は現在ベトナム航空が運航しているのみで、まだLCCが参入していないため仕方がないでしょうか。

スポンサーリンク