ジャカルタで観光客向けの2階建て無料シティーツアーバスが導入予定

シェア

インドネシア・ジャカルタ市内にダブルデッカーを使用した、無料のシティーツアーバスが誕生するようです。

ジャラン・タムリン

現地英字紙のジャカルタポスト(The Jalarta Post)の報道によると、既に5台の2階建てバスが用意され、ジャカルタ観光局が現在ルートの調整を行なっている段階とのこと。

記事によると、走行が予定されるポイントとして、ブロックM、ホテルインドネシア・ケンピンスキーなどのあるジャラン・タムリン、 テキスタイル博物館、モナス(独立記念塔)、旧市街エリア(コタ地区)などの名前が挙がっています。

モナス MONAS
ジャカルタの数少ない観光名所のひとつ、モナス。

気付いた方も多いと思いますが、これってほぼそのままトランスジャカルタ(TransJakarta)のコリドー1のルートですよね。

詳細がない為よくわかりませんが、ドア位置の関係からトランスジャカルタのホームは利用できないと思うので、トランスジャカルタ専用レーンではなく通常レーンを走るのでしょうか?

そうなると渋滞の問題もありますし、無料ということで地元の人も乗ってきそうですが、この辺はどう対処するか興味がありますね。

スポンサーリンク