スクート、5月よりバンコク発着便をドンムアン空港へ移転

シェア

シンガポールの格安航空会社スクート(Scoot)は、今年5月からバンコク発着便を現在のスワンナプーム国際空港からドンムアン空港へ移転するようです。

スクート
(Photo by Kentaro IEMOTO)

現在スクートが運航しているバンコク便はシンガポール―バンコクの1路線のみですが、バンコクポスト(Bangkok Post)の記事によると、同社がノックエアと共同で設立した新たなLCC、ノックスクート(NokScoot)が今年7月からドンムアン空港をベースに運航を開始する見込みで、ノックエア及びノックスクートにあわせることで乗り継ぎなどの利便性を図る狙いがあるようです。

また、慢性的に混雑し、着陸料・駐機料も割高なスワンナプーム空港を避け、定時性やコストの改善にも寄与できるとの判断もあるとのこと。

既にドンムアン空港もチェックインカウンターなどは空きがない状態ですが、現在使用されていないターミナル2が5月頃から使用できるようになる予定で、スクートはそれを待って移転するのではないかと思います。

ドンムアン空港 タイ・ライオンエアのチェックインカウンター
ドンムアン空港、タイ・ライオンエアのチェックインカウンター。

スポンサーリンク