美しいコロニアル建築が印象的なイポー駅

シェア

マレーシアのイポー旧市街地区にあるイポー鉄道駅の様子を紹介したいと思います。

イポー鉄道駅
南国の青い空に映える白亜のイポー駅。威風堂々。

この駅舎は、クアラルンプール駅などの設計でも知られるイギリス人建築家のA.B.ハボックの手によるもので、1917年に完成したとのこと(関連記事)。

構内の様子
構内の様子。

現在イポー駅には、バターワースやシンガポール(ウッドランズ)、あるいはタイ・バンコクなどへ向かうKTMインターシティと呼ばれる長距離列車が停車するほか、イポー~クアラルンプール間で運行されているETS(高速電車)の始発・終着駅ともなっています。

切符売り場
チケット売り場。

ホーム
駅のホーム。

モノレールカフェ Monorail Cafe
電車待ちの時間は雰囲気の良いモノレールカフェで。

かつてこの駅舎内にはマジェスティック・ステーション・ホテル(Majestic Station Hotel)という1935年創業のクラシックホテルがあって、長い間一度泊まってみたいと思っていたのですが、結局訪れる機会が無く、2011年に営業を終了してしまいました。残念。


わずかに残る当時の面影。

イポー駅

地元の人曰く、「イポーのタージマハール」だそうです。

イポー タウン ホール
道路を挟んで向かい側にはこれまたA.B.ハボックが設計したタウンホールが建っている。

駅自体がイポーのシンボルともなっていますし、駅東側には見所の多い旧市街も広がっています。イポーを訪れた際にはぜひ駅周辺を散策することをおすすめします。

駅に棲みついていた猫
駅に棲みついていた猫。

スポンサーリンク