ジェットスター・パシフィック航空、ホーチミン発着でバンコク、シンガポールなどへ就航

シェア

ベトナムの格安航空会社ジェットスター・パシフィック航空(Jetstar Pacific Airlines)は、ホーチミン発着で新たに3路線を開設すると発表しています。

国内線1路線(タインホア)と国際線2路線(シンガポール、バンコク)で、それぞれの就航日と航空券発売日は以下のようになっています。

ホーチミン⇔タインホア
9月5日就航(8月1日発売開始)

ホーチミン⇔シンガポール
10月27日就航(本日発売開始)

ホーチミン⇔バンコク
12月10日就航(8月8日発売開始)

ホーチミン~シンガポール間は既に系列のジェットスター・アジア航空が運航中ですが、それ以外はジェットスターグループとしては唯一の便となります。

また、ホーチミン~バンコク線に就航するLCCはタイ・エアアジア、べトジェットエアに次いで3社目。この内、タイ・エアアジアのみドンムアン空港利用です。

就航を記念し、本日16時(日本時間)よりジェットスターグループによるベトナム路線が一律3,000ドン(諸経費別)になる格安プロモーションも行われます。詳細は下記よりどうぞ。

スポンサーリンク