格安航空会社のゴールデンミャンマーエアラインズ、ヤンゴン―バンコク線を再開

シェア

ミャンマー唯一のLCC、ゴールデンミャンマーエアラインズ(ゴールデンミャンマー航空)は、今年5月以降運休しているヤンゴンとバンコクを結ぶ直行便を10月26日より再開することを明らかにしています。

ゴールデンミャンマーエアラインズのエアバスA320型機
(Photo by Steven Byles)

バンコクポストの記事などによると同社はバンコクの拠点をドンムアン空港に移転したいと考えているようですが、スケジュールを見る限りでは、今のところ以前同様スワンナプーム空港発着となっていますね。

運航は1日1便で、使用機材はエアバスA320-200。時刻表は以下の通りです。

Y5237 ヤンゴン発19:00 バンコク着20:50
Y5238 バンコク発21:30 ヤンゴン着22:20

タイの政治状況も落ち着き、また両国共に乾季に入り旅行者の増えるシーズンとなるのにあわせての再就航だと思います。

現在、片道57ドル(諸費用込み)という料金が設定されています。

ゴールデンミャンマーエアラインズでは今年9月までは全線で預け入れ荷物(20kgまで)を無料とするキャンペーンを行なっているのですが、10月以降は有料となり、5kgまで4ドル、10kgまで8ドル、20kgまで16ドルという追加料金が必要となります(ヤンゴン~バンコク線の場合)。

スポンサーリンク