ノックスクート、ドンムアン空港ではチェックインカウンター7を使用

シェア

日本への就航も予定されているタイの格安航空会社、ノックスクート(NokScoot)が運航開始に向けた準備を進めています。

同社の拠点となるドンムアン空港では、今までノックエアが使用していたカウンター7番の南側部分が新たにノックスクート用のカウンターとなり、既に看板なども設置されていました。

ドンムアン空港内のノックスクートのチェックインカウンター
7のチェックインカウンターを使用。

ノックスクートの看板
わかりにくいですが、車寄せエリアの看板にもノックスクートの文字が。

初号機(ボーイング777-200)はドンムアン空港に到着したようで、その様子は同社facebook上で見ることができます。

また、新たにテレビCMも公開。ノックエアとスクートの融合をキスで表すというなかなか大胆なコマーシャルになっています。

ドンムアン空港も昨年から今年にかけ、次々と新たな航空会社が就航しているためだいぶ手狭になってきましたね。

タイ・エアアジアXのチェックインカウンター
タイ・エアアジアX。

タイ・スマイルのチェックインカウンター
タイ・スマイル。

タイ・ライオンエアのチェックインカウンター
タイ・ライオンエア。

ただ、来年中には現在工事中のターミナル2がオープンする予定なので、そうなればまただいぶ余裕はできると思います。

スポンサーリンク