東南アジア各国の旅行・観光競争力ランキング 2015年版

シェア

世界経済フォーラムが2015年版の旅行・観光競争力指数(TTCI)を発表しています。

これは、文化的資源、航空交通インフラ、治安・安全性など全部で14の主項目を国ごとに指数化したもので、数値が高いほどより魅力的であることを意味しています。

今回トップになったのはスペイン。次いでフランス、ドイツ、アメリカ、イギリスの順。アジアでは日本がトップで全体の9位にランキングされています。

下記に東南アジア各国のデータを抽出してみました。なお、順位は世界全体での順位を表しています。

順位 国名 バリュー
11 シンガポール シンガポール 4.86
25 マレーシア マレーシア 4.41
35 タイ タイ 4.26
50 インドネシア インドネシア 4.04
74 フィリピン フィリピン 3.63
75 ベトナム ベトナム 3.60
96 ラオス ラオス 3.33
105 カンボジア カンボジア 3.24
124 ミャンマー ミャンマー 2.72

※ブルネイ、東ティモールについてはデータ不足のためランキングから除外。

インフォグラフィックスを見ると、世界全体の地域ごとの傾向がはっきりとわかりますね。

The Travel & Tourism Competitiveness Index

各項目ごとの評価など、詳細は下記レポートに掲載されていますので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク