シンガポールのMRTダウンタウン線、第2期区間が12月中に開通

シェア

現在シンガポールで建設が進んでいるMRTダウンタウン線第2期区間が今年末に開通するようです。

同国の陸上交通庁が明らかにしているもので(関連リンク)、今回供用開始されるのはブキ・パンジャン駅からロチョー駅までの16.6kmの区間。既存のダウンタウン線ブギス駅から北西方面に延伸され、下記のように全部で12駅が設置されることになります。

ブキパンジャン (Bukit Panjang)
↓↑
カシュー (Cashew)
↓↑
ヒルビュー (Hillview)
↓↑
ビューティーワールド (Beauty World)
↓↑
キングアルバートパーク (King Albert Park)
↓↑
シックスアベニュー (Six Avenue)
↓↑
タンカーキー (Tan Kah Kee)
↓↑
ボタニックガーデン (Botanic Garden)
↓↑
スティーブンス (Stevens)
↓↑
ニュートン (Newton)
↓↑
リトルインディア (Little India)
↓↑
ロチョー (Rochor)
↓↑
ブギス (Bugis) ※既存駅

沿線に観光客向けの施設はそれほど多くはないものの、ブギス、リトルインディア、ボタニックガーデン(シンガポール植物園)などへのアクセスは今後路線の選択肢が増え、これまで以上に便利になりますね。

スポンサーリンク