クアラルンプールのLRTアンパン線延伸区間が10月31日から供用開始

シェア

クアラルンプール南部郊外で建設されているLRTアンパン線の延伸区間のうち、第1期工事がこのたび完了し、10月31日より供用開始されるようです。

6両編成の新型車両(愛称:AMY)で運行。

これまで終点だったスリ・ペタリン駅から西方向に、アワン・ブサール(Awan Besar)、ムヒバ(Muhibbah)、アラム・ステラ(Alam Sutera)、キンララBK5(Kinrara BK5)という4駅が新設。試用期間として同区間内は1か月間無料で乗車可能とのこと。

Opening of Ampang Line new stations. Come & celebrate with us on this Saturday, 31st, October @ Kinrara BK5 LRT station from 8am to 5pm. #myrapidkl #proudtobemalaysian #comejointhefun

Posted by RapidKL on 2015年10月28日

開通日の10月31日にはキンララBK5駅でイベント(午前8時~午後5時)も開催。

利用者の利便性を考え、各駅からはそれぞれフィーダーバス(有料)も運行開始されるようです。

ルートU73 – アワン・ブサール駅~OUG~パサール・スニ
ルートT418 – アワン・ブサール駅~ブキッ・ジャリル駅~バンダル・スリ・ペタリン
ルートU504 – ムヒバ駅~アワン・ブサール駅~パサール・スニ
ルートT419 – アラム・ステラ駅~PPRピンギラン・ブキッ・ジャリル
ルートT507 – キンララBK5~フレット・エンガン~IOIモール

界隈は住宅街で一般的な観光エリアからも離れているため、ローカルの利用がほとんどでしょうね。ラピドKLによる公式アナウンスは以下よりどうぞ。

スポンサーリンク