エアアジア、10月末までの国内線予約は手数料無しで日程変更が何度でも可能に

格安航空会社のエアアジアグループは、2020年10月31日までに新たに購入する国内線航空券に対し、無制限での日程変更を可能にしたと発表しています。

エアアジア

対象となるのはエアアジア(AK)、タイ・エアアジア(FD)、インドネシア・エアアジア(QZ)、エアアジア・フィリピン(Z2)、エアアジア・インディア(I5)の国内線全路線。現時点ではエアアジア・ジャパン便(DJ)は含まれません。

利用者の不安を軽減する目的で、2020年12月31日までの任意の日付に何度でも変更することができ、予約変更の手数料も免除。但し、変更後のフライトの運賃が元の運賃よりも高かった場合は差額が必要です。

手続きはエアアジア公式サイト及びアプリの「‘My Bookings」で出発の48時間前まで可能。航空券以外の、受託手荷物や座席指定などのオプションについてはそのまま引き継がれるとのこと(指定した座席に空きが無い場合は再度指定が必要)。

変更方法など詳細については以下公式アナウンスよりどうぞ。

Enhanced flexibility for AirAsia guests travelling up to 31 Dec 2020 with flight change fee waiver – AirAsia Newsroom