スクート、事前の座席指定が不可に 機内持ち込み荷物も3kgまでに限定

シンガポールの格安航空会社スクート(Scoot)は、新型コロナウイルスの感染拡大を予防する取り組みの一環として、今月から乗客による事前の座席指定を取り止めたことを明らかにしています。

スクートfacebookページより
スクートfacebookページより

機内でのソーシャルディスタンシング(社会的距離)を徹底するため、座席はチェックイン時になって初めて確定されるとのこと。これ以外にも、優先搭乗を中止したり、機内持ち込み荷物を最大3kgまでに制限したりするなど、通常よりも厳格なルールを定めています。



6月8日追記: 機内持ち込み荷物許容量が減らされた分、最大7kg(エコノミーの場合)まで受託手荷物として追加料金無しで預けることは可能になっています。

同社はこれまで日本路線を運航していましたが、現在は運休中。6月中の運航路線はペナン、イポー、クチン、香港、広州、パースの計6路線のみとなっています。

Scoot’s Flight Schedules for June 2020