タイ民間航空局、国際線再開に向けて新たなガイドラインを提示

タイ民間航空局(The Civil Aviation Authority of Thailand, CAAT)は、本日6月16日に国内航空各社及び空港公社などとの会合を行い、国際線旅客便運航についての新たなガイドラインを提示しています。

今回公表されたのは以下の点。

・各旅客機は有効な空調システムを備えているため感染リスクは低いとして中央座席の販売を許可
・フライト時間が2時間を超える場合、機内食や飲み物の提供も許可
・機内の後方3列は空席にしておき、疑わしい症状のある乗客の隔離スペースとして確保



また、国内線と同様に乗客はマスクの着用が義務付けられるほか、機内食についてもあらかじめ密封された容器で提供するなどできるだけリスクを軽減するよう要請しています。

一方、現在6月30日までとなっている国際線旅客便でのタイへの乗り入れ禁止措置についての言及は無し。但し、地元メディアの報道によると、タイ民間航空局では海外からの旅行者受け入れ再開時期について現時点では今年9月を予定しているとのことです。

กพท.คาดเปิดบินต่างประเทศ ก.ย.นี้ ผ่อนปรนนักธุรกิจก่อน
ลุ้น ก.ย.นี้ เปิดเที่ยวบินต่างประเทศ ปลดล็อกขายตั๋ว 100% ไม่ต้องเว้นที่นั่ง