タイ主要空港の利用者数、国内線は5割以上に回復も空港により明暗

タイの主要空港を管理・運営するタイ空港公社(Airports of Thailand: AOT)が2020年8月の旅客数を公表しています。

ドンムアン空港国内線ターミナル(ターミナル2)
ドンムアン空港国内線ターミナル(ターミナル2)

それによると、主要6空港(スワンナプーム、ドンムアン、チェンマイ、チェンライ、プーケット、ハジャイ)の国際線の利用者数は前年同月比1%程度と低迷が続くものの、国内線は前年同月比で約53%にまで回復したことが明らかになっています。

国内線旅客数 前年同月比
4月 87,283 -98.22%
5月 304,301 -93.25%
6月 902,839 -79.08%
7月 1,971,851 -56.93%
8月 2,510,166 -47.10%

(出典: Airports of Thailand

但し、国内線は空港によってバラツキも大きく、ハジャイ空港は既に前年同月比約75%にまで達している一方、外国人旅行者の依存度が大きかったプーケット空港は依然30%程度に留まっています。



各空港ごとの8月の国内線及び国際線の旅客数詳細は以下の通りです。

国内線

空港 旅客数 前年同月比
スワンナプーム 466,978 -53.99%
ドンムアン 1,182,413 -39.21%
チェンマイ 328,308 -49.23%
チェンライ 118,950 -40.0%
プーケット 196,572 -69.67%
ハジャイ 216,945 -25.69%

(出典: Airports of Thailand

国際線

空港 旅客数 前年同月比
スワンナプーム 59,172 -98.71%
ドンムアン 3,607 -99.77%
チェンマイ 0 -100%
チェンライ 356 -98.81%
プーケット 455 -99.95%
ハジャイ 0 -100%

(出典: Airports of Thailand