レゴランド・マレーシア、ジョホール州郊外に今年末開園

シェア

今年末、マレーシアにアジア初となるレゴランド(LEGOLAND)がオープンします。

レゴランドはデンマークの玩具会社レゴ社が設立したテーマパークで、レゴランド・マレーシアのロケーションはジョホール州ヌサジャヤの経済特区「イスカンダル・マレーシア」内になります。

76エーカー(約3万㎡)の敷地内は7つのテーマエリアに別れ、40以上の乗り物やアトラクションが設置されます。世界の名所のミニチュアなどもあわせると合計で3,000万以上のレゴブロックが使われることになるそうです。

既に、入場券の料金が発表となっていますが、1日券は大人140リンギ、子供(3-11歳)110リンギで、年間パスは大人275リンギ、子供210リンギとなっています。現在は開園前のプレオープニング価格として年間パスが大人195リンギ、子供150リンギの特別料金で販売されています。

公式サイトを見ると、ジョホールバル中心部から車で30分、セナイ国際空港からは20〜30分、シンガポール西部からでも30分程度の距離ということで地元マレーシア人だけでなく、シンガポールからの旅行客にも期待を寄せているようです。

レゴランド・マレーシアがオープンすれば、デンマーク、イギリス、ドイツ、アメリカ・カリフォルニア、アメリカ・フロリダに次ぎ、世界で6ヶ所目の施設となります。国際的なテーマパークがマレーシアにオープンするのは初めてですね。

運営会社によると、2015年には日本初となるレゴランドを名古屋市に開園させる計画もあるようです。

LEGOLAND Malaysia

スポンサーリンク