シンガポール、3月1日よりタクシーの乗降規制を緩和

シェア

(photo by Ian Fuller)

シンガポールでは、タクシーを乗り降りする際に中心部のCBD(the Central Business District)内では時間帯によってタクシースタンドや建物の私道以外での乗降が禁止されていますが、3月1日からその時間帯が短縮されるそうです。

現在の制限時間帯は午前7:00~午後10:00(月~土)となっていますが、ルール変更後は午前7:30~午後8:00(月~土)までと、合計で2.5時間短くなります。

この制限時間帯以外はCBD内でも普通に路上でタクシーを呼び止めることが可能です。

シンガポールでは、時間や場所によってタクシースタンドが長蛇の列というケースが多々あるので、旅行者にとっても多少なりとも利便性が増すのではないでしょうか。

以下がシンガポール交通省の公式アナウンスです。

スポンサーリンク