エアアジア・フィリピン、3月28日に運航開始

シェア

エアアジアが昨年末に設立した関連会社、エアアジア・フィリピン(AirAsia Philippines)がいよいよ3月28日から運航を開始します。

エアアジア系列の海外関連会社が路線就航するのはタイ・エアアジア、インドネシア・エアアジアに次ぐ、3カ国目となります。今年8月就航予定のエアアジア・ジャパンがそれに続くことになりますね。

これでフィリピン国内線を運航することができるようになり、まずはクラーク国際空港(ディオスダド・マカパガル国際空港)とダバオ、カリボの2都市とを結ぶ路線への就航を発表し予約受付を開始しています。

ダバオは人口130万を越えるミンダナオ島の中心都市で、一方のカリボはパナイ島北部にあり、人気リゾート地のボラカイ島への経由地として知られています。

どちらもダブルデイリーでの運航で、現在発表されているフライトスケジュールは下記のようになっています。

クラーク ⇔ ダバオ
PQ7023 クラーク発10:10 ダバオ着12:00
PQ7027 クラーク発17:50 ダバオ着19:40

PQ7024 ダバオ発12:25 クラーク着14:15
PQ7028 ダバオ発20:05 クラーク着21:55

クラーク ⇔ カリボ
PQ7001 クラーク発07:00 カリボ着08:10
PQ7005 クラーク発14:40 カリボ着15:50

PQ7002 カリボ発08:35 クラーク着09:45
PQ7006 カリボ発16:15 クラーク着17:25

エアアジア・フィリピンのハブ空港であるクラーク国際空港近くには、エアアジア系列の格安ホテル、チューンホテル・アンへレスシティ (Tune Hotel Angeles City)もオープンしています。

チューンホテル・アンへレスシティ (Tune Hotel Angeles City)

スポンサーリンク