アジアで最も人気のある博物館・美術館は?

シェア

美術専門サイトのThe Art Newspaperによると、2011年に入場者数が最も多かったアジアの博物館・美術館は台北にある国立故宮博物院(National Palace Museum)で3,849,577人でした。

世界全体で見ても、ルーブル、メトロポリタン、大英博物館、ロンドン・ナショナル・ギャラリー、テート・モダン、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに次ぐ第7位にランクインしています。

昨年1年間で入場者の多かったアジアの博物館・美術館ベスト8は下記のようになっています。

順位 博物館・美術館名 都市名 入場者数
1位 国立故宮博物院 台湾 台北 3,849,577
2位 韓国国立中央博物館 韓国 ソウル 3,239,549
3位 韓国国立民族博物館 韓国 ソウル 2,355,956
4位 上海美術館 中国 上海 1,727,192
5位 東京国立博物館 日本 東京 1,629,333
6位 国立慶州博物館(慶州) 韓国 慶州 1,485,580
7位 国立現代美術館 韓国 ソウル 1,064,112
8位 国立新美術館 日本 東京 680,242

なお、企画展別に見たランキングでは東京国立博物館が昨夏に行なった「空海と密教美術展」が、1日の平均入場者数9,108人で有料展示としては堂々の世界ナンバー1に輝いています。

その他詳細は下記よりどうぞ。

スポンサーリンク