LCCの春秋航空、タイや韓国などへ新路線を開設予定

シェア

中国の格安航空会社、春秋航空(Spring Airlines)が今年7月からタイ路線を開設し、さらに8月からは韓国へも新規参入することを明らかにしています。

具体的には、7月20日から上海―バンコク線を1日1便のデイリー運航で開設し、8月中に上海―清州を週4便で、さらに上海―済州にも週3便で就航する計画のようです。

現在、同社は上海―香港、上海―マカオ線などを運航しているものの、実質的な国際線路線となると日本路線(茨城、高松、佐賀)以外では初となります。

春秋航空日本路線のフライトスケジュール (2012年5月時点)

上海(浦東)―茨城
9C8987 上海発08:40 茨城着12:20
9C8988 茨城発13:20 上海着15:40

上海(浦東)―高松
9C8889 上海発08:45 高松着11:40
9C8890 高松発12:40 上海着14:10

上海(浦東)―佐賀
9C8577 上海発08:30 佐賀着11:10
9C8578 佐賀発12:40 上海着13:55

東南アジア地域に比べると、中国は日本同様に格安航空会社の参入が遅れているので、同社の国際線路線もさらに拡大する余地があるのではないかと思います。

スポンサーリンク