KLIAエクスプレス クアラルンプール市内から空港までの行き方

シェア

マレーシアのクアラルンプール市内から空港まで行く際、KLIAエクスプレス(KLIA Ekspres)を利用しました。

これは、市内中心部のKLセントラル駅とクアラルンプール国際空港とをノンストップで結ぶ特急電車で、所要時間約28分と、タクシーやバスに比べると短時間での移動が可能です。

KLセントラル駅
KLセントラル駅。

KLIAエクスプレスの改札は構内のレベル1にあり、正面入口から入った場合は一番奥の右側になります。

構内の案内表示
構内の案内表示。日本語表記もあるのでわかりやすい。

空港まではKLIAトランジットという普通電車も利用できますが、料金はエクスプレスと同じなのであえてこちらを使う必要はないでしょう。

KLIAトランジットの改札
KLIAトランジットの改札。

コンビニやKLIAトランジットの改札を通り過ぎ、右奥にどんどん進むとKLIAエクスプレスのチケットカウンターが見えてきます。

KLIAエクスプレスのチケットカウンター
KLIAエクスプレスのチケットカウンター。

運賃は大人片道RM35で、クレジットカードやプリペイドのTouch’n Goでの支払いも可能。運行時間は5:00~25:00、運行本数は15~20分に1本ほどで、時刻表はこちらで確認できます。

チケット
チケット。XKLというのはKLセントラル駅を表す3レターコード。空港と同様にIATAコードが割り当てられている。

KLIAエクスプレスの改札
KLIAエクスプレスの改札。改札を抜け、エスカレーターで1フロア降りるとプラットフォーム。

車内は清潔でゆったりとした造り。ラピッドKLやKLモノレールなどと同じように、車内での飲食は禁止されているので注意が必要です。

車内の様子

始発だったせいもあってか車内は空いていて、何の問題も無くクアラルンプール国際空港に到着。

クアラルンプール国際空港

今回は電車を使いましたが、KLセントラル駅―クアラルンプール国際空港間にはもちろんバス路線もあって、エアポートコーチ(Airport Coach)という会社が30分間隔で運行しています。所要時間は約1時間、料金は片道RM10。

また、エアアジアなどの格安航空会社利用でLCCターミナル(LCCT)に向かう場合は、乗り換えの必要な電車よりもバスの方が便利だと思います。この区間は、スカイバス(Skybus)エアロバス(Aerobus)といった会社が路線を運行をしています。

2014年8月20日追記: 2014年5月にKLIA2という新しいターミナルがオープンしLCCTは閉鎖されました。KLIAエクスプレスも新たにKLIA2に乗り入れるようになり、約30分でアクセスが可能です。実際にKLIA2駅まで乗車した際の様子は以下よりどうぞ。

スカイバス
KLセントラル駅とLCCTとを結ぶスカイバス。

スポンサーリンク