キャッシュレス治療サービスを受けられるアジア各国の病院

シェア

バンコク・パタヤ病院

先日、タイ・パタヤ滞在中に体調を崩し、市販の薬を数日服用しても改善しなかったため現地の総合病院に行くことにしました。

海外旅行保険には入っていなかったのですが、クレジットカード付帯の保険があることを思い出し、病院に行く前にまずキャッシュレスサービスが受けられるかどうかをネットでチェック。

持っていたのはセゾンマイレージプラスカードで、このカードの場合、損保ジャパンが引受保険会社になっていることがわかったので、早速「損保ジャパン海外ホットライン」に電話(無料)をしました。24時間・年中無休で日本語対応が可能だそうです。

電話口でタイ・パタヤにいる旨を伝えると、パタヤ北部にあるバンコクパタヤ病院(Bangkok Hospital Pattaya)がキャッシュレスサービスに対応しているということで、行き方や、電話番号などを教えて貰いました(バンコクパタヤ病院についての詳細はこちら)。

キャッシュレスサービス治療が受けられる病院

後日調べてみると、損保ジャパンの海外旅行保険でキャッシュレス治療サービスを受けることができるアジアの病院リストがありました。

タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、中国、香港、台湾、韓国などはもちろん、ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマーにも対応病院があるなど、結構充実していますね。

各病院の電話番号や住所に加え、所在地案内や日本語対応の有無も書かれているので、いざという時にも便利です。

ちなみに、タイの場合は下記16ヶ所の病院でキャッシュレスサービスを受けることができます。

バンコク
バンコク病院 (Bangkok Hospital)
バムルンラード病院 (Bumrungrad International Hospital)
サミティベート・スクンビット病院 (Samitivej Sukhumvit Hospital)
ラマ9世病院 (Praram 9 Hospital)
BNH病院 (BNH Hospital)
サミティベート・シーナカリン病院 (Samitivej Srinakarin Hospital)

パトゥムタニー
ナワナコン総合病院 (Navanakorn General Hospital)

チェンマイ
チェンマイ・ラム病院 (Chiang Mai Ram Hospital)

パタヤ
バンコク・パタヤ病院 (Bangkok Hospital Pattaya)

プーケット
ワタナクリニック (Wattana Clinic)
プーケットインターナショナル病院 (Phuket International Hospital)
バンコク・プーケット病院 (Bangkok Hospital Phuket)

ナコーンラチャシーマー(コラート)
バンコク・ラチャシーマー病院 (Bangkok Hospital Ratchasima)

チョンブリー
パヤタイ・シラチャー総合病院 (Phyathai Sriracha General Hospital)
サミティベート・シラチャー病院 (Samitivej Sriracha Hospital)

ラヨーン
バンコク・ラヨーン病院 (Bangkok Hospital Rayong)

あと、あまり知られていないと思うのですが、海外旅行前後に利用するケースを考慮して、成田空港内にある2つのクリニックとも提携しています。

注意事項

今回は損保ジャパンのケースを取り上げましたが、当然保険会社によって無料で診察が受けられる医療機関は異なります。

事前に、自分の持っているクレジットカード付帯の保険条件や引受保険会社を確認しておき、パスポートと保障規定の書かれた書類を持っていけば安心・確実ではないでしょうか。

また、今回保険会社に電話した際、カード付帯保険の場合は保険適用条件を満たしているかどうかの確認に1~2時間程度かかると言われました。

病院に行くことが決まった時点で、できるだけ早めに保険会社に電話しておけば病院での待ち時間を減らすことができると思います。

スポンサーリンク