セブパシフィック航空、7月よりセブ―台北線を開設

シェア

フィリピンの格安航空会社、セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)は2013年7月5日からセブ―台北線に就航します。

同社によるセブ発着の国際線は、バンコク、クアラルンプール、シンガポール、香港、ソウル、釜山に次いで7路線目となります。

運航は月・金の週2便で、使用機材はエアバスA320-200(179席)。現在発表されているフライトスケジュールは下記のとおりです。

5J300 セブ発19:40 台北着22:20
5J301 台北発23:05 セブ着01:45(+1)

セブパシフィック航空による台湾路線は、デイリーで運航しているマニラ―台北線に次いで2路線目になります。

週2便というのがネックではあるものの、日本―台北間は格安航空会社を含めかなりの便が飛んでいるので、今後セブに向かう場合、日本―台北―セブというルートも選択肢の一つにはなりそうです。

スポンサーリンク