日本に来るタイ人観光客はどこへ行くのか? タイ人訪日ツアーを調査

シェア

観光ビザの免除措置もあり、このところ急増しているタイからの訪日旅行者ですが、彼らが日本でどんな場所を訪れているのか気になったので調べてみました。

今回チェックしたのは、日本へのツアーを中心に取り扱うタイの旅行会社アップルジャパンツアー(Apple Japan Tour)H.I.S.バンコク支店の2つ。

両社共に、東京滞在型や北海道周遊などのツアーも取り扱っていますが、今回は所謂ゴールデンルートと呼ばれる、一番ポピュラーな東京~大阪間の観光地を巡るツアーを見てみます。

まずはアップルジャパンツアーから。

ツアー名: APPLE FIRST TOUCH 4泊6日

1日目
バンコク発23:30 - 【タイ国際航空TG622】 - 関西空港着07:00

2日目
関空 - 奈良(東大寺) - 京都(金閣寺、清水寺) - 浜松 - 浜松オークラホテル泊

3日目
浜松(うなぎパイファクトリー工場) - 西湖(西湖いやしの里、野鳥の森公園) - 北口本宮冨士浅間神社 - 山中湖 - 富士之堡華園ホテル泊

4日目
山中湖 - 富士山(富士ビジターセンター、富士山5合目) - 箱根(芦ノ湖遊覧、大涌谷) - 横浜(新横浜ラーメン博物館) - 【新幹線】 - 東京 - 品川プリンスホテル泊

5日目
東京(終日フリータイム、希望者は追加費用2,800バーツで東京ディズニーランド) - 品川プリンスホテル泊

6日目
東京(浅草寺) - イオンモール成田 - 成田空港17:25発 - 【タイ国際航空TG677】 - バンコク着21:55

料金は出発日にもよりますが4~5万バーツ程度。

新横浜~東京間で新幹線を体験するというのは外国人の訪日ツアーでは良くあるパターンですね。新横浜ラーメン博物館もここを訪れる外国人の半数以上がタイ人という人気のスポットです。

次にHISバンコク支店が企画しているパッケージツアーを見てみます。

同社が最近設立した航空会社、アジアアトランティックエアラインズ(Asia Atrantic Airlines)を利用するものが多く(但し、現在は運航者証明書の取得待ちで未就航)、その中からやはりオーソドックスな4泊6日のツアー(Super Special Tour Osaka – Tokyo – A)を選んでみました。

ツアー名: Super Special Tour Osaka – Tokyo – A 4泊6日

1日目
バンコク発00:30 - 【アジアアトランティックエアラインズ利用】 - 関西空港着08:30

2日目
関空 - 京都(金閣寺、清水寺、伏見稲荷神社) - 大阪(心斎橋でショッピング) - ホテルプラザオーサカ泊

3日目
大阪(大阪城) - 名古屋(栄でショッピング) - 【新幹線】 - 豊橋 - 浜名湖 - グランドホテル浜松泊

4日目
浜松 - 箱根(大涌谷、芦ノ湖遊覧) - 新宿(自由行動) - 新宿ニューシティホテル泊

5日目
新宿 - 浅草寺 - アメヤ横丁 - お台場(パレットタウン、ヴィーナスフォート) - 酒々井プレミアムアウトレット - マリオットインターナショナルホテル成田泊

6日目
成田 - 成田空港発11:00 - 【アジアアトランティックエアラインズ利用】 - バンコク着15:00

料金は29,999バーツ(空港使用料別)と上と比べるとお得な値段設定。こちらは名古屋~豊橋間で新幹線に乗りますね。

両ツアーを見てみると、京都で寺社仏閣を廻り、富士・箱根で自然を満喫、東京で丸1日過ごし、帰国前に成田周辺でショッピングというのが一般的なパターンのようです。

食事については、上記で挙げたラーメンのほか、肉料理も好評で、モーモーパラダイスや新宿の六歌仙などが定番とのことです。六歌仙の公式サイトを見ると、インラック首相やタイ人芸能人の写真も出ていて、人気のほどがうかがえますね。

スポンサーリンク