バンコク・チャオプラヤー川沿いに第2のアジアティークを建設予定

シェア

バンコクの夜の新しい名所となりつつあるチャオプラヤー川沿いの複合商業施設、アジアティーク・ザ・リバー・フロント(ASIATIQUE The Riverfront)ですが、その対岸に第2のアジアティークを造る計画があるようです。

アジアティーク

地元英字紙のバンコクポストの報道によると、チャオプラヤー川西岸のチャロンナコーン通り沿いの用地(約3万5000平米)を既に買収済みで、ここにショッピングモールをはじめ、ホテルやコンドミニアムを建設する予定とのこと。

より大きな地図で アジアティーク・ザ・リバー・フロント (ASIATIQUE The Riverfront) を表示

アジアティークは昨年4月にオープン。敷地内にはショップ約1,500店舗、飲食店45店舗に加え、観覧車やニューハーフショーなどの施設もあって、外国人・タイ人を問わず人気のナイトスポットとなっています。

記事によると、現在は1日平均3~4万人の来場者があるそうで、運営会社としてはアジアティーク2を造ることで、さらなる観光客の呼び込みを狙っているようです。

スポンサーリンク